A Fox Day

ここのところずっと根を詰めて働いていましたが、ようやく切りがつきそうです。

休日も午前中、いろいろと片づけたり・・・ある程度の結果が残せたのでひとまず良しとします。

ルボナーのマエストロ、使用による傷やシミでますます風格が出てきました。

頑張って働いたご褒美なのか、11月完成予定だったFOXの傘がいち早く出来上がってきました。本日納品。

はっと息を飲む美しさ、碧さ。

今回はプライベートでの使用を想定に、番地を眺めていて最も響いた、ロイヤルブルーとブラックのリバーシブル生地でオーダー。

やはり持ち手はマラッカにして正解でした。内側の黒の中で一際目立ちます。玉留のギルトも良くマッチしている。

露先をブラックにしたことで全体像がうまく引き締まりました。留め具もブラックの生地バンドでアクセントに。

ブルーにマラッカはひょっとすると女性らしすぎたか?と一時不安に思うこともありましたが、杞憂でした。細かいポイントが思惑通りに効果を示し、大変満足のいくMTOとなりました。

大切にします。雨が降ったらとりあえず持ち出そう。

そして、寄り道したお店でまた良いモノに。

TODD SNYDERのネイビーブレザー。

実は近々、ブログを通じて懇意にして頂いている方にお会いする予定があり、大変お洒落な方ですのでどんな格好をして行ったらいいのだろうと考えたのが購入のきっかけ。

ワードローブを見渡し服を選んでいたところ、この時期に着るかちっとしたジャケットをそういえば持っていないことに気づきました。

フォックスのサマーウールジャケットは秋口に着るには少し重さが足りないし、かといってフランネルではまだ早いような気もします。元々、少し前にテーラーでスーツを一着オーダーするつもりで動いていたのですが、諸事情により一旦計画を断念していたのでそれもいまさら間に合わないし・・・はてどうするかと思っていたところに、このブレザーに出会いました。

FOXの傘を迎えにいったその足で同じ階のセレクトショップへ。上記のような悩みをスタッフさんに相談してみたところにお勧めしてくれたのがこのブレザー。

実はそのスタッフさん、元々は私がバーグファベルや先日の大江三号を購入したお店にいたお方で、以前より私の趣味・趣向をよく理解して頂いている方です。使う人にマッチした素晴らしいアイテムを勧めてもらえるあたり、改めて対人販売の素晴らしさを感じた一日でした。

話が逸れましたが、これまでブレザーはあまり似合わないと思って避けてきたのですが(主張の強いメタルボタンに苦手意識)、この一着は抜群に気に入りました。

非常にしっかりとした打ち込みの生地は私の大好きなフォックスブラザーズ製。まさに求めていたちょうどいい重量感。

TODD SNYDERはこれまでもコレクションを見ていましたが、アウトレットのマーガレットハウエルの一角に置いてあるイメージしかなく、手にとってみてもそれほど惹かれるものがありませんでしたが、このブレザーでイメージがガラッと変わりました。

このくらいのボタンなら私でも違和感なく着ることが出来ます。無個性になりがちなスタイルの中にいいアクセントになりそう。

サイドベンツ仕様で、背中回りのシルエットも非常に美しいです。サイズ感もぴったり。

「人に会うモチベーションで服を買う」というのもアコ買いと同じく私の中では珍しい買い物のカタチかもしれませんが、結果的に非常に良いモノに巡り合えたので満足しています。懸案事項が最高の形でまとまり、明日から気持ちよく仕事に励むことが出来そう。

一週間また頑張っていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました