第三回オボイスト会レポート【6】

さて、番外編。こちらではご参加いただいた皆さまの装いについてご紹介させていただきます。第一回および第二回では、巻き物やニットといった共通アイテムを設けたのですが、今回はそういった制限は設けませんでしたので、より自由度の高い組み合わせで集まっていただけたかと思います。
まず、最初にお会いしたしちょさん! 一日目の昼間と夜で着替えてみえます、まずお昼。
Shirt : L.L.Bean
Pants : UNIQLO U
Shoes : New Balance
Bag : みちのく蔓工芸所
なんといっても山葡萄バッグが目を引きます。何年も使い続けて、くったりしたところもまた見せていただきたいものです。足元のニューバランスはホーウィンレザーを使用さた高級ライン。もっちりとした油分豊富な革で、いかにも履き心地良さそう。
続いてしちょさん夜バージョン。
Jacket : SartoResartus
Shirt : UNIQULO U
Pants : PANTALONAIO Osaku Hayato
Shoes : Andante
Bag : Berluti
しちょさんのオーダーアイテムはどれも際立っていて、他で見ることはまず無いような面白いアイテムばかり。リベットで補強されたジャケット、ラペルにはデニムの耳付きと、攻めています。袖付けはマニカカミーチャで、どんな風に色落ちしていくのか楽しみです。
ビスポークシューズはエレファントとミスティカーフのコンビ。甲革の無骨な表情のエレファントとムラ感が美しいミスティとの対比が素晴らしいです。
しちょさんは樺澤さんに磨いてもらった靴や財布など、ベルルッティアイテムも数多くお持ちでした。ブションさんの外壁ととてもよく合います、ここだけ時空がヨーロッパ。
尾作さんのパンツ、ずっと試してみたいと思いながらもここまで来てしまいましたが、これはしちょさんの1本目だということです。デニムトラウザースはとても使える気がして、私も欲しいアイテムの一つなんです。
続きましてMさん! Mさんもお昼から行動を共にして、暑かったので昼夜で着替えてみえます。まずはお昼。
Jacket : Alfonso Sirica(linen)
Shirt : Montesaro(linen)
Pants : Sivilia(cotton denim)
Shoes : Saint Crispin’s(calf)
Bag : Valextra
インスタで拝見していて、淡い色をとても品よく合わせてみえるな〜と勉強させてもらっていたのですが、当日もとても上品なコーディネートでした。リネンのベージュジャケット、良いですね。しちょさんにもらったヴィンテージボタンで来年の夏に仕立ててもらおうかな・・・笑
ヴァレクストラもやっぱり良いですね、Mさんの雰囲気にとてもお似合いでした。
サンクリスピンのローファー。復刻版ロシアンカーフが採用されていましたが、素晴らしい表情です。シボのある革が大好きな私にもどストライクな一足でした。
続いて夜バージョン。
Jacket : Ring Jacket(silk, cashmere and linen)
Shirt : Les Leston(cotton denim)
Pants : Berwich(wool)
Shoes : Yohei Fukuda(Calf Suede)
二次会でレスレストンのデニムシャツは丸かぶりしてしまいましたが、これ気持ちいいんですよねぇ〜。ボタンの色は私のシャツと違いホワイトでした。三者混ジャケットはカシミアの分量が多く、シャリシャリし過ぎずこれも大人な雰囲気のジャケットでした。Yohei Fukudaのスエードシューズは既出の写真ですがご容赦ください。スエードだとブローギングが目立ち過ぎなくて良いですね。
続いてGlayage樺澤さん!
Shirt : MAINRENANT
Cutsaw : DRESSTERIOR
Pants : Violet Buffalo Wallows
Shoes : ALDEN
樺澤さん、元々アパレルご出身というだけあって、着こなしがとてもこなれてます。ファンタスティックマンのバングルなど、腕元のアクセサリーと合わせて。
樺澤さんの靴は左上。これ、オールデンだったんですね! カーフモデルを仕事でもガシ履きされているのでしょうが、トゥの輝きはさすがシューシャイナー。
最後はマルティニークのOさん!
Jacket : DESCENTE PAUSE
Pants : Lideal
Shoes : Le Yucca’s
機能的なデサントポーズのジャケットも、Oさんが着ると洒脱に見えますね。Lidealのパンツは二日目にマルティニークに行った際に早速チェックしました。最近はセリーヌのパンツやバーバリーのシャツが欲しいんだそうです。

足元はレユッカスのギリーシューズ。別注品などではなくインラインのアイテムで、タン無しのものを探して買ったそう。Oさんはいつもほとんど白か黒のソックス。私も一度真似して白いソックス、買ってみたのですがあまり似合いませんでした(笑) ソックスが白だとギリーシューズの面白いデザインが引き立ちますね〜!

みんな違って、みんな良い。このエントリーを書いている時、自分の知らなかったブランドを調べながら書いていたらえらい時間がかかってしまいました^^;笑 Oさんのメッシュベルト、格好いいな。J&M Davidsonかな? 今回もいつも通り、私なんかよりずっと詳しい皆様のおかげでとても勉強になりましたm(_ _)m というわけで、オフ会ブログ完結! あるか分からない次回に向けて、私ももっと自分を磨いておきます。この度はありがとうございました♪

コメント

  1. gohkiti より:

    Unknown
    オボイストさん、こんにちは!レポート、興味深く拝見させていただきました。
    京都開催ということもあってか、皆さん気品に満ちた装いですね〜。
    皆さん、十人十色ですが、その人のお人柄が装いににじみ出ていて、自分のスタイルをそれぞれ確立されていらっしゃり、素敵な方ばかり。
    簡単に真似できそうにないのは、日常的にファッションを意識する中で築き上げられたものだからだろうな、と万年馬子にも衣装な自分には感じ入るものがありました。
    驚異的なライティングと怒涛の更新、本当にお疲れ様でした(汗)

  2. mes-favoris-et-musique より:

    Unknown
    gohkitiさん、こんにちは! 長い長いレポート、最後までお読みいただきましてありがとうございます(^^)

    こうして見ると本当に、その方の人柄が服装によく現れていますよね。謙遜されていますがgohkitiさんも、そして未成熟ながら私も、本人の知らぬ間に自らのスタイルを築いているものなのかもしれません。

    書き手ならではの労いのお言葉、ありがとうございます(^^)笑 夢中で書いているので苦には感じませんが、文字数を数えたら5万字を超えていました笑 読者の方も、読み終わる頃にはぐったりかなと(^^;;
    第四回の開催は全く未定ですが、gohkitiさん是非、アンオフィシャルな感じで普通に飲みに行きましょう)^o^(

  3. まるすけ より:

    Unknown
    オボイストさん、おはようございます!

    今回のレポートも楽しく読ませていただきました。
    gohkitiさんも仰られていますが、みなさん素敵な装いですね、オボイストさんの紹介でさらに素敵に◎昼の部と夜の部で衣装替えがあるというのもまた服好きのオフ会ならではですね^^

    勝手ながら、また東京でオボイスト会が開かれるとしたら何を着ようか想像してしまいました。ぜひ4回目も楽しみにしております!

  4. mes-favoris-et-musique より:

    Unknown
    まるすけさん、コメントありがとうございます!

    ほんとに、皆さん見事に違うベクトルでそれぞれが素敵な装い、大変勉強になりました(^^)
    いつも12月開催のところ今年は9月にしてみましたら、やはりまだ少し暑くて^^; 汗だくになりましたが、確かに昼夜で別の服を楽しめたと思えば、これはこれで良かったですね^ ^

    ありがとうございます! 第4回、読者の方が望んでくれるようでしたら開催するつもりでおりますので、楽しみにしていてください♩ オボイスト会として開催しなかったとしても、埼玉にはまるすけさん、gohkitiさん、なべこぱんさんがいますから、会いに行きます(^^)笑

タイトルとURLをコピーしました