車とエルメスとダブルモンク

妻の車が新しくなりました。

TOYOTA C-HR

売れているだけあって、良い車です。

グッドタイミングで久しぶりに二人の休みが合いましたので、京都までC-HRで出かけてきました。全車速対応型のレーダークルーズコントロールで運転のストレスも大幅に軽減。

今回はあまり写真を撮ってきていない為少ないですが、ずっと行きたかったエルメス祇園店。

エナメルに職人が熊の画を彫った時計が世界限定6本、お値段は1,000万弱でした。

あとは豆餅が美味しかったな。妻がテレビで見たことのあるお店だそうで、行列が出来ていました。

そして二人のお気に入り・京都BALに。MARNIのバッグが物珍しくてよく見させてもらいましたが、妻の評価は今一つ。確かに、値段を考えるとちょっと・・・次に買いたいバッグの選択肢は自分の中で2つまで絞れていて、あとは何を重視するかだけです。

つかの間の休日でリフレッシュ、仕事はとにかく忙しくて・・・かつてないほどの好成績が続いていますが、足元が崩れないように基礎を作り直さなければなりません。その時間をどのようにして捻出するか・・・営業職というのは常に不安が付きまとい、なかなか自由にさせてくれません。

そんな仕事の足元を支える新たな相棒が到着。

シューテイラーbyオリエンタルのネイビーカーフのダブルモンク。

仕事でお客様の事務所やご自宅に上げてもらう際に、やはり脱ぎ履きが便利なモンクストラップやスリッポン。コルノブルゥのスリッポンがビジネスにおいてはとにかく優秀で気に入っていて、彼がぱっと見でシングルモンクストラップに見えることから、今回はダブルモンクに。

名古屋でKOKONを扱うAvantiでオリエンタルのショートブーツを見たときの優秀な印象が残っていました。

小ぶりのヒールカップ。

半カラスのフィドルバック。

アッパーはアノネイ。今回は2万ちょっとで購入できたのであまり過度に期待しないようにしていたのですが、十分上質。

私のように走ったり這いつくばったりするような仕事のための靴は、日本ブランドの既製品が一番だと感じます。お金が無限にあれば全てビスポークで揃えたい気もしますが、傷を気にして動きが鈍くなるのは本末転倒ですし。

ガンガン履いて、ソールが駄目になったらこの靴もラバーソールに変えて雨の日仕様にするかもしれません。とにかくまずは履き慣らさないと・・・結構細身で甲も低く、久しぶりに苦しみそうです。

お手柔らかに頼むよ。

スポンサーリンク
シェアする
oboistをフォローする
Mes favoris et musique

コメント

タイトルとURLをコピーしました