Sewn shoe-maker×Oboist 2 ②

さて、というわけでいよいよ始動したSewn shoe-maker×Oboist 2。サンダルというからには、来年の夏にはご注文いただいた方が履けるように、来春頃の予約生産開始を目指して今から動いていきたいと思います。

サンダルと一口に言ってもいろんな種類がありますが、今回Sewn側からは「グルカサンダルはどうか」と提案いただきました。サンダルというものをほとんど履いてこなかった私ですが、グルカサンダルはまさに一足あると良いなと思っていたカテゴリー。ただ、グルカサンダルとして一般的な革が編み込まれたデザインが基本的に苦手なので、今回もいろんな靴を見ながら研究。さらに前回の基本コンセプトで示した通り、オボイストモデル1で採用されたギボシストラップについては共通の仕様としたかったので、グルカサンダルと上手く馴染むデザインを検討しました。私は絵が書けないので、Sewnに考えた仕様を伝えて描いてもらった最初のラフスケッチがこちら。

Sewn shoe-maker×Oboist 2
1st rough sketch

もはやグルカサンダルと呼べるのかどうかは分かりませんが、こんな感じに。一言で表すなら「肉抜きオボイストモデル」と言った感じでしょうか。サイドに特徴的な穴を設けて、夏でも快適に履けるようにします。サンダルで爪先が出ているものより、プレーントゥデザインの方がドレッシーで良かろうということでこんな形に。ただし、トゥにはメダリオンを。このメダリオン、まだ詳細は決まっておりませんが、穴はライニングまで貫通させて通気孔の役割を持たせるアイデアをSewnに提案中です。メダリオンのデザインはまだ未定ですし、親子穴の親だけライニング貫通にするかなど、現在詳細を詰めているところです。また、ヒール部もさらに肉抜きし、よりサンダルらしい形にするかどうか、現在打ち合わせ中。

採用する革については、最近Sewnに新しく入荷したアノネイのアルパインカーフのダークブラウンで調整中です。細かい型押しで上品な表情、そしてこの時期特有の急な雨にも対応出来そうな革を選びました。Sewnに在庫としてあるのがアルパインのブラックですので、予価を計算しあまりにも高くつきそうでしたら考え直す可能性もあります。

さらにソールに仕様については、シングルレザーソールにラバー半張りで考えています。下の写真はしちょさんにオーダーいただいたオボイストモデル1のソールですが、トゥスチール以外はこんな仕様が理想的です。チャネル仕上げまですると高くつきそうなので、詳細はこれからSewnと相談しながら決めていきます。今迷っているのは、コバをどうするか。オボイストモデル1はオックスフォードとしての汎用性を考えて、マッケイ製法ながら少しだけコバを出してもらって使い勝手向上を目指したのですが、今回はサンダル。コバの出っ張りはほとんど無くしてしまい、より軽やかな仕様にするのが良いか否か、悩んでいるところです。

まだデザインについては暫定案ですし、色々と変更が加わる可能性が高いですが、現時点ではこんなところです。また、今回は見ての通り“万人受けよりニッチな層のニッチな需要に応えたい”という思惑もありますので、仕様としてはそれなりにマニアックな方向性。今のところ、このデザインではレディースの販売は考えておりません。

前回同様、オボイストモデル2も発売まで試行錯誤している様子を出来る限りリアルタイムでお伝えしていきたいと思います。第一弾の振り返りで見えてきた「試着が出来ないこと」についても、現在解決策を打ち合わせ中です。さらに上手くいけば、もっと嬉しいニュースも・・・? Sewnもオボイストモデル1をはじめ、様々なお仕事をこなす中での打ち合わせになりますので、続報がいつになるか分かりませんが詳細が決まりましたらその都度ブログで公開して参ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました