エルメスの手しごと展

世間は三連休、私も月曜日はお休みで、妻と二人で出かけてきました。

この日の妻はセリーヌのラゲージ。大切に使ってくれているので、まだまだ買った当時から変わらぬ凛とした表情。

靴は26歳の誕生日にアメリカから個人輸入してプレゼントしたサルトル。黒に近い絶妙なグレーが最高です。私は先日ご紹介したステファノベーメルを。

さあ、向かった先はKITTEで開催されていたエルメスの手しごと展。月曜日が最終日で、滑り込みで見てきました。

20分ほど並んで、やっと入った先は・・・まさに人、人、人。実演している職人さんの手元はおろか、ほとんど何も見えない・・・。

ずっと後ろの方から見ていればきっと少しずつ前に進めるのでしょうが、ちょっと人酔いしてしまったので案外早く退散してしまいました。

それでも、職人さんが席を外しているタイミングで、人がいない隙に作っている途中のバッグが見られたのはラッキーでした。

馬の鞍作りのブースで体験している子も。

ネクタイは鞄や鞍に比べると空いていました。

無料でこれだけの行程が、写真OK(動画とフラッシュ撮影はNG)で公開されていることはさすがですが、、、鞄作りの現場は、私はスージースベルトさんで見せてもらうことにします。

この後はランチして、その後もう一つ行きたかった先に・・・あるコートを試着させていただき、次なる目標が出来ました。しばらく仕事、頑張れそうです。

詳細はまた後日。

スポンサーリンク
日常
シェアする
oboistをフォローする
Mes favoris et musique

コメント

  1. […] 3年前にエルメスの手しごと展で、実際にシルクのネクタイを職人さんが作っているところを見ることが出来ました。ちょうど先日Fugeeさんが載っているからということで珍しく購入したMEN’S Preciousにも特集が組まれていましたが、エルメスのシルク製品はレザー同様非常に手が込んでいます。 […]

タイトルとURLをコピーしました