ともに歩む

新しく加わった仲間はもちろん、いろいろなことが起きる毎日の中で、相棒として静かに私に寄り添ってくれています。

そしてそれ以上に、これまで長い時間をかけて育ててきたアイテムはますます特別な存在に。

KOKONの422とStaffordは私にとって欠かすことのできない、まさにスペシャルなアイテムのひとつ。ついつい手に取ってしまうからこそ、メンテナンスやリペアも定期的にきちんと施さねばなりません。

リッシュに依頼していた二足のリペア、まず422から。

私の気に入っているリペア方法である、前半レザー張り替えを今回も。今回に限らず、大抵どの靴を依頼するときも基本的にはぶち抜きで頼んでいます。耐久性に違いがないのであれば、あえてヒドゥンチャネルにする必要もないと考えていて。もちろん、この方がお安いですし。

毎度美しい仕上げに感謝です。

それでも、Staffordだけは別格。手に入れた当時『人生最高の一足』としてこのブログでもご紹介しましたが、その思いは今でも変わっていません。ボレロで作ってもらったビスポークシューズはもちろん素晴らしいですし、ジョンロブもエドワードグリーンも履いてきましたが、このStaffordは間違いなく私の中で最高の一足であることは疑いようもありません。履き心地、アリゾナ(アッパーレザーの名称)の表情も、スーツにもデニムにも合わせられる汎用性も。

ヒドゥンチャネル仕上げ。やっぱり美しい。

Staffordはトップリフトも交換しました。英国製のものを選択。

今回はソールだけ見るとエドワードグリーンっぽい仕上がり。

リッシュはいつも、頼んでいるわけではないけどサービスで軽くメンテナンスしてくれます。靴を大切に扱ってくれていることが素直に嬉しい。

これからもずっとそばに置いておきたい靴。何度もリペアをしながら、履き続けていきます。

スポンサーリンク
シェアする
oboistをフォローする
Mes favoris et musique

コメント

  1. まなくん より:

    ビスポークブリーフ
    こんにちは、はじめてのコメントで失礼致します。
    レッドウィングのドレス顔のブーツを上げておられた頃からいつも楽しみに読ませて頂いております。

    特に最近のビスポークの記事は本当に読んでいて最高に楽しいです。
    今は福岡に住んでいるのですが、実家は名古屋なこともあり勝手に親近感持って読ませて頂いています。

    私もクラシックドレススタイルが大好きで、オボイストさんとは少し方向性は違うものの、洋服のことを考えて毎日テンションを上げております。

    オボイストさんのように、仕事が出来ないのでたやすくビスポークをすることが出来るわけではないのですが、このラウンドブリーフは本当に刺さりました。
    写真でしかみていないのに、感動的なほどカッコいいです。

    これからの1年ほど、このバッグを目標に頑張りたい…と思えるほどのものだったので、それに向けてバッグ貯金をしたいと思っています…。
    それで、大変失礼なお話で申し訳ないのですが、目標設定のために、大体どのくらいの金額を目標にするといいかご教示頂けますでしょうか?

    ウェブサイトを見たところ、ブリーフは15万〜という感じででしたが、オボイストさんのこのラウンドブリーフに私は惚れてしまったのです…。

    本当に失礼なお話ですが、もし宜しければヒントを頂ければ嬉しく思います。

    どうぞ宜しくお願い致します。

  2. オボイスト より:

    まなくんさん(^^)
    はじめまして! コメントありがとうございます(^^)
    ドレス顔のレッドウィングというと、ベックマンですね^^ 今でも大切に履いていますが、そうなるとかなり初期の頃から遊びに来ていただいているようで、とても嬉しいです。ありがとうございます(^^)

    ビスポークの記事、どなたかの役に立てばというのと自己満足でアップし続けていますが、楽しんでいただけているのなら幸いです。
    私は決して仕事が特別できるわけでもなく、ビスポークも毎回清水の舞台から飛び降りるような覚悟でオーダーしていますが、職人さんの作る作品はいずれも、何にも代えがたい光を放つものばかりで、少しずつ増えてきました。

    スージースヴェルトのバッグについては、私もこれ以上ないほど格好良いと感じていますし、これを手にしてから他のメゾンのバッグなど全く目に入らなくなるほどで、大変気に入っています(^^)
    このバッグは、革を在庫ではなく特注で頼んでもらって、外からは見えないところまで完全総手縫い、ペーパーモックによる試作品の確認など全部でおよそ45万円でした。
    私は、たとえ見えない部分だとしてもマシン縫いのところがあれば、いずれ「総手縫いのバッグがやっぱり欲しい」なんて考えかねない危険な思想の持ち主ですのですべて手縫いでお願いしましたが^^;、通常見えない部分であればマシン縫いであろうが手縫いであろうが、分かりませんし耐久性などに大きな違いが出るわけでもないでしょうから、そういった部分をスージースヴェルトさんと相談されればもう少し予算は抑えられるかとは思います。
    私はサンプルとなるバッグがあったわけではないのでペーパーモックによる確認をしましたが、全く同じデザインでよければそれも不要だと思いますしね!

    値段について、相対的には高いのか安いのか私はよく分かりませんが(でも良心的だと思います)、絶対的な目線で45万円という値段だけ見たら非常に高価な品だとは思います。しかし、このバッグの持つ魅力を考えれば、貯金される価値は十分あると思います。

    名古屋がご実家ということですから、もし何かのご用で来られることがあれば、ブログを通じてコメントいただければ直接お会いしてみていただく機会を作っても大丈夫ですし、事前にスージースヴェルトさんのアトリエにメンテナンスがてら預けておいて、まなくんさんのタイミングでアトリエに見に行っていただいてもいいと思います(^^)
    せっかくのご縁ですから、私に出来ることであればお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

  3. まなくん より:

    ありがとうございます!
    お返事大変遅くなりました!!
    ご丁寧にご教示頂き、本当にありがとうございます!
    大変参考になりました。
    目標が明確になりました!!

    実は私も4月に結婚したばかりで、以前のように自由にお金を使えなくなりまして…現状私の収入のみでやりくりしているもので。

    オボイストさんのように、全て最高級のもので…というところまでこだわり抜くのは無理かもしれませんが、じっくりと考えてみたいと思います!

    実際のブリーフ…ものすごく見てみたいです!!
    機会があれば是非ご連絡させて下さい!

    これからも是非どうぞ宜しくお願い致します!

    感謝とともに…

  4. オボイスト より:

    まなくんさん(^^)
    すみません、私の方こそしばらく放置していて遅れてしまいました…(^^;

    新婚さんなのですね! おめでとうございます♪ たしかに、結婚するとお金のやりくりは大変ですよね。奥様を巻き込んで、ファッションを楽しんでいく必要がありますが、自分だけでは知り得なかった感覚や色遣いなどを発見するきっかけにもなるかと思います。(私がそうでした)

    はい^ ^ 色々、オフ会等検討しているところですので、ぜひお気軽にご連絡ください。今後ともよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました