SusieSvelt×Oboist ④

革製品(靴以外)

コラボバッグについて鈴木さんと打ち合わせをしていく中で、さあ見積もりを作ってみようというお話になったのですが、「一体どの色が人気で、何個売るのかによって定価が変わってくる」という問題が出てきました。当然サンプルも何にもない現段階では、正確に何色が何個売れるのか掴むことは出来ませんが、単純に何色が人気なのか、そして購入を検討していただいている方は何人いるのか、ざっくり把握するためにInstagramで2つのアンケートを行なってみました。

まず「あなたが選ぶなら何色?」という質問に対しては、24時間で60件の回答をいただきました。内訳は、ダークグリーン:トープ:ブラック=14:29:17(お一人ダークグリーンに入れるつもりが間違えてブラックに投票してしまったとご連絡いただいたので数値を訂正しています)。トープが人気色になるだろうと予想はしていましたが、思っていた以上に他の2色と差が開いています。何人かの方にDMを送りご意見を伺ってみたのですが、トープを選んだ方からは「以前オボイストが作っていたビスポークバッグのイメージがあるから」というお声が圧倒的に多く聞かれました。トープ自体が使いやすい色だから、ということもあるとは思いますが。今回私自身はダークグリーンのバッグを作っていただきますが、逆に言うと出来上がったダークグリーンのサンプルバッグの出来が秀逸であれば、同じようにグリーンが人気色に上がる可能性もあります。鈴木さんからはダークグリーンという色について、

「クラシックを彩る唯一無二の色だと私的には思います。大概50歳くらいにもなれば、そのことに気付けるのですが、実際その年齢で持つとハマりすぎて意外性が無い。ネイビーの似合う若手が持ってこそ、ハズシではない艶に転換できると感じます」

とコメントをいただきました。私よりずっと人生経験豊富な職人の言葉は、さすが説得力があります、そのままご紹介させていただきました笑

いずれにしても、どれか1色もしくは2色に回答があまりにも集中すれば色の選択肢を絞ることも考えていましたが、ブラックもダークグリーンも一定の支持を得ているようですので、やはりカラー展開はこの三色で行くことに。さらに欲しい・検討したいと回答いただいた方も27名いらっしゃり、ここに投票いただいていない方からも直接「欲しい」の連絡をいただくことも数件ありました。両アンケートにご協力いただいた方、大変参考になりました。ありがとうございます^ ^

そして、鈴木さんとの打ち合わせは「何色を何個作るか」という話題に。今回、スージースヴェルトには「最高のクオリティと少しでも手の届きやすい価格」という相反する課題をぶつけています。だいぶ悩ませてしまいましたが、なんとか7個限定(うち1つはオボイスト用)ということで、通常よりぐっと抑えて販売することが出来そうです。

鈴木さんとは連日打ち合わせの連絡を取り合っています。

7個という数について決まってから、鈴木さんから「シードオブライフ、ってご存知ですか?」とメッセージが送られてきました。不勉強で全然知らなかったのですが、なんでも神聖幾何学で「古代より神秘的で芸術的な装飾モチーフとして、世界中で使われてきたそうです。私自身は無宗教ですので深く知っているわけではありませんが・・・ちょうど円が7つ、今回の限定数の分重なって出来ている。このモチーフをコラボのロゴに使えませんかね?」とご提案いただきました。古くから世界中で(エジプト・トルコ・キプロス・中国等々)創造的な象徴として用いられてきたというシードオブライフ、組み込めたら素敵だなと色々と考えたのですが、なんとなく並べてみるとオボイストモデルロゴとの相性が良くない気がして。

そこで、シードオブライフについて色々と調べていたところ、シードオブライフの形になる一歩手前の図形を“ヴェシカパイシス”というそうで。「半径が同じ2つの円周が、それぞれもう一方の円の中心を通って交差している、その真ん中に形成される形のこと」とある。細胞分裂の最初の形であり、創造の始まりのシンボル。ちょうど、スージースヴェルトとオボイストがコラボレーションすることで生まれたバッグを表現するロゴとして良いじゃないかと。

この図形の真ん中のところがヴェシカパイシス

そんなわけで生まれた今回のコラボ専用ロゴがこちら。SusieSvelt×Oboistのバッグに刻印される予定です。じゃん!

おお〜。色々と小難しいことを書きましたが、単純にロゴとしてのビジュアルもなかなかイケてるんじゃないでしょうか。単なるロゴに見えて、実は深い意味を持つところも気に入っています。

おそらく二度と同じ仕様・同じ価格で展開することは出来ない今回の数量限定コラボバッグ。公式ロゴも決まり、ますます盛り上がって参りました。これからスージーには、私のバッグに使うためのグリーンのシュリンクレザーを取り寄せてもらいますので、革が届きましたらまたチェックしにアトリエに伺ってこようと思います。一部の方からいただいたメッセージにもありましたが、おそらく文字通り“争奪戦”になること必至かと。早いもの順と言えども出来るだけフェアに(くじ引きとか)買えるよう、これから商品を作り上げていく中で考えていかなくてはと思っています。

コメント

  1. まなくん より:

    こんにちは。前回のコメントへのお返事誠にありがとうございました(^^)

    以前からそうですが、オボさんのブログの文章や、コメントへのお返事を読ませて頂いていると…丁寧さ、相手への思いやりが本当に伝わってきて、あぁ…自分もこのようにお話し出来るようにならないといけない、いやなりたいなぁ…と勉強させて頂いております。
    本当にありがとうございます。

    さて、続報…楽しみに読ませて頂きました!
    とってもエキサイティングな予感ですね!
    インスタのアンケート、、私は見逃しておりましてご協力出来ずに申し訳ありません。
    カラーは、グリーンかトープかなぁ…ブログ内にも書かれていましたが、すでに完成したもののイメージがあるのでトープは選びやすいかもしれませんね。
    (血潮みなぎるビスポークバッグは控えめに言って最高にかっこよかったですから。)

    私は、奥さんへのプレゼン及び、許可がおりたので絶対に購入しよう!と息巻いていたのですが、そう簡単に手に入りそうにはなさそうですね…
    こっからは、お金だけではなく善も貯めとかなきゃ…って感じでしょうか、、。

    頑張りたいと思います。
    また改めて、自分のためだけでなくみんなのために本当に素敵な企画と、良いものをなるべく低価格で…という努力、本当にありがとうございます!

    • oboist より:

      まなくん、いつもありがとうございます(^^) コメントをいただけるとますますやる気が出ます!!

      「誰が読んでも眼に優しい文章」を私なりに心がけているつもりですが、色々とまだ拙い面もある中、大変有難いお言葉をいただきまして…^_^ こちらこそ、毎度細かいところまで熟読していただいてありがとうござます♩

      グリーンorトープで悩まれるお気持ち、よく分かります。私の分はダークグリーンにエレファントグレー(トープみたいな色)のステッチを入れるつもりですが、完成しましたらもちろんアップしますのでどちらが良いか、ゆっくりお決めください(^^)

      奥さまへのプレゼンの大変さ、よく分かります笑 数に限りがあるのは大変心苦しいのですが、限定価格でオーダーメイド体験をしていただく為に必要なことでしたのでどうかご了承ください。

      読者の方の為でももちろんあるのですが、何より私が一番楽しませてもらっています♩ 次は入荷した革のチェックや、バッグチャームの試作かなあ。まなくんさんも私たちと一緒に、出来上がるまでのブログを通じてオーダーの追体験をしていただければ幸いです^ ^

  2. yu_kun より:

    oboist様、はじめまして。

    だいぶ前から楽しく拝見させていただいておりますファンの一人です。

    私もブログでビスポークバックをみたときに最高にカッコいい、と感動しました。
    東北在住で、なかなかスージースヴェルト様に伺うことも、あんな素敵なオーダーをすることも難しい、と諦めておりました…
    が、もしかしたらあの素敵なバックと過ごすことができるかもしれない、と思い、いてもたってもいられずにコメントを入れさせていただきました。

    今後もどのような形になるのか楽しみにしておりますし、もし縁があったらなと思っております。
    oboist様のトープへの憧れ、グリーンの魅力、黒の安定感、いずれも素敵ですが、是非グリーンをみてみたいです。

    Instagramも勝手ながらフォローさせていただきました。

    今後もoboist様の素敵な記事を楽しみにしておりますので、無理ない範囲で更新、よろしくお願いします。

    • oboist より:

      yu_kunさん、コメントありがとうございます(^^) いつも拙いブログをご覧いただいているとのこと、大変嬉しく思います、ありがとうございます!

      こちらのコメント、スージースヴェルトの鈴木さんと共有させていただきました。改めて、前回のビスポーク バッグが残したインパクトがいかに大きかったのかを、双方とも痛感しております。
      お住まいは東北地方なのですね♩ なかなか名古屋に来られる機会は、特にこんなご時世ですから無いのかもしれませんが、今回のコラボブログを通じて少しでも製作現場の面白味、あるいは悩みなどをリアルに感じていただければ幸いです。
      ダークグリーンは今回私が「前回のビスポークバッグを超えるため」と新たに選んだ推し色になります。

      まだサンプルも出来ていない段階ではありますが、楽しみにしていてください。きっと再び、感動していただける作品に仕上がると確信しております。

      ブログについてもお気遣いいただき恐縮です。最近特に、記事を書くのが楽しくて仕方がありません(^^) インスタはブログとは少し雰囲気を変えて、よりフレンドリーな?カジュアルな?、そして突発的なオボイストの思いつき発言などを笑って見ていただければと思います^^;笑
      どうしても数量に限りがあるため、必ずお作りしますと現時点でお約束出来ないのが心苦しいですが、完成を楽しみにお待ちくださいね♩

タイトルとURLをコピーしました