RX-1RM2降臨

小物

フハハ・・・大勝利です。(詳しく聞きたい方はDMください)

故障してしまったRX-1R。中古で10万程度で購入しましたが、修理見積もりが17万円。「フルサイズセンサー搭載コンデジ」として購入して以来大活躍だったのですが、さすがにこの金額で直すのはもったいないということで、新しく買い直しました。それも、RX-1RM2を! 「アールエックスワンアールマークツー」と読みます。

見た目は初代と非常に似ておりますが、、、

いろんなところで、進化しています。(コンティニュアスaf,画素数,光学ファインダー内臓,wifi,ISO,液晶チルトなどなど) 詳しくは他のサイトにいくらでも載ってますのでググってみてください。

出た当時実勢45万円ほどだったこのカメラ。発売から5年経った現在も価格コム最安価格で未だ30万超。流石にこのクラスのカメラはファインダーを覗いて撮りたくなります。初代も外付けの電子ビューファインダーを本体と同時に購入しましたが、圧倒的にこちらの方が見やすいです。

チルト機能は足元などを撮る時に非常に便利で、靴好きには嬉しい仕様。

こんな感じの写真を撮る時も・・・今日はオールデンの975。写真が綺麗で手入れ不足がバレちゃう笑

ユニクロのシャツから覗くチェリーニ。美しいボケ。

ブログにアップする際には画像サイズを小さくしてるから、初代と変わった感じはそれほどしませんが、撮ってる側としては圧倒的にAFが速くなったので非常に楽です。

付属のストラップは明らかに高級感が増しました。本革製。レッドのR刻印が嬉しい。しかしこれ、あと1ヶ月くらいしか使わない予定。理由はまたその時がきたら。

T.MBHのガルーシャもこの通り鮮明に。時計ベルトのエレファント、スマホカバーのガルーシャという選択は、我ながら素材のメリットを活かした素晴らしいチョイスだと感じています。ガルーシャはとにかく耐久性が高い。

カメラが新しくなるととにかくなんでも撮りたくなってしまいます^^; 甥っ子パパと一緒に玉ねぎを選んでいるところ。空間をそのまま切り取ったような絵です。

これで定点観測も再開できます。スマホをリモコンにしてシャッターを切れるそうだから、進化した定点観測が可能になるかも!? まだカメラの実力を出し切れていませんが、より美しい写真でブログを運営出来ることに、心に喜悦を禁じ得ません。バシャバシャ撮るぞ〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました