しちょさんカレーとオボヤージュLIVE

日常

休日。今年初めてヴェトナムパクリシアを着ました。妻にもらったマニュアルアルファベットのトップス、C&Cパンタローニのコーデュロイパンツと合わせて。

特にどこに行くつもりもなかったので、定点観測を撮影してからは妻が起きるまでコーヒーを飲んでのんびりしていたのですが、起きてきたと思ったら「京都に行きたい」と突然呟いたので、弾丸で京都日帰り旅行に行ってきました。いつも思いつきで過ごしているのでGo Toを上手に活用できません(^^;

京都に行くなら絶対寄りたい!と私きっての要望で、ようやくこちらに。

第三回オボイスト会でも大変お世話になったしちょさんのカレー屋さんです。オボイスト会で京都を選んだのは、しちょさんが毎週必ずInstagramにアップしていたカオススパイスダイナーさんのカレーが美味しそうでとにかく食べてみたいというのが大きな理由でもありましたが、まさかしちょさん自身がカレー屋さんになられるとは。

幸運にも、週に一度くらいしか提供がないという牛ほほ肉の限定カレーも今日は準備されていて、妻が牛ほほ、私はあいがけでキーマ+シーフードクリームにしました。

じゃーん! オープンしたらすぐに駆けつけようと思っていたのに、ようやく実食!!! 牛乳が多めのシーフードカレーが特に美味しくて、ネギが良いアクセントに。愛知支店出してー!

妻が頼んだ牛ほほも、歯がなくても食べられるくらいホロホロトロトロ。妻はご飯を小盛りにしたので、おまけでついてきたスパイシー味玉も美味しかったです。

店内には樺澤さんところのショップカードも置かれていました。しちょさんのお店から歩いて10分ほど、せっかくですからご挨拶していくことに。

妻と来るのは初めてです。私もなんだかんだ実店舗に来るのは去年のオープン翌日以来二回目。樺澤さんとはよく連絡を取り合っているのであまり久しぶりな感じがしません。ちなみに今日の妻はアメリヴィンテージのコートにセリーヌのトリオ、KOKONのホールカットでした。

いつもの温かい笑顔で迎えてくれた樺澤さんに妻を紹介。去年来たときは出店祝いの胡蝶蘭がたくさん並んでいたけれど、商品のラインナップがかなり豊富になっていました。ファッションの一部としての一流の靴磨きを提供されている樺澤さんらしく、別注のバングルやパターンオーダーのシャツなどがずらり。

一度見てみたかったShoji Worksさんのブラシも。アイスコーヒーを飲みながらゆったり過ごさせていただきました。

せっかくなので、妻の靴を磨いてもらうことに。ベルギーラインKOKONのホールカットがどのように化けるのか。

「手捌きが格好いいね」と妻も見惚れていました。みるみるうちに綺麗になっていく。

磨きの様子をゲリラLIVE配信しました。
よろしければこちらからどうぞ。

靴を磨いてもらっている間、プライベートな話やSNSについてなど色んなことを話しましたが、樺澤さんとは考え方が似ている部分がありとても心地よいです。

そして完成! うわ〜・・・これですよこれ、カバヤージュKOKON。妻も鳥肌が立つほど感動していました。

見ていると吸い込まれるような宇宙を感じる銀河系ポリッシュ。さすが樺澤さんです。

付き合って間もない頃にプレゼントした新喜皮革の水染めコードバン財布も、樺澤さんがおまけでケアしてくれました。簡単なケアでもプロがやると全然違うから不思議。

三人でシューサークルを。「自分の靴は全然磨けていないです」という樺澤さんはWESTON180、私はボレロのWedding Oxford。

Glayage KYOTOの向かいにある食器屋さんでは、一輪挿しを購入。こちらも樺澤さんがついて案内してくれました。「これからはどこに行かれるんですか?」と聞かれて何も決めていなかったのでオススメを聞いたら、近くのお花屋さんを紹介してくれました。食器屋さんのドライフラワーもそちらの花屋さんで買われたものだということが分かり、元々リビング用に新調しようと思っていたので行ってみることに。

私が方向音痴なものだから、樺澤さんがお店の前まで連れて行ってくれました笑 ほんとにすぐ側、真っ直ぐ歩いて左手にありました。

フルミエエタージュと読むそうです。ドライフラワーがたくさん並んでいて、カフェとしても利用出来るようです。

お店の方にリビングの写真を見せて、とりあえずオススメで作っていただきました。色とりどりのドライフラワーを見てしばらく待機、結構な賑わいでした。

ソファに座って待っている間も思わず見てしまうKOKON。私も磨いてもらえば良かったかな。。。笑

「予算は決めていないので大きめに一つと、一輪挿し用に小さいのを一つ」とお願いしましたが、たくさん買ったので小さい方はサービスしてくれました。ラッキー。

良い感じ。大きい方も立派ですが、我が家のリビングに置いてみたら色合いなどを少し手直しするとさらにマッチしそうなので、納得いく状態になったらご紹介出来ればと思います。

思った以上の大荷物に。一度車に戻り、最後に樺澤さんがオススメしてくれた洋服屋を見に行ってきました。

バトナーやユーゲンなど、特にニット類のラインナップが素晴らしいと感じました。他にもグラフペーパーなども並んでいました、あんまり見ると欲しくなってしまいそうだから今回はサラッと。

元々結婚する前から私たちは京都が好きでしたが、やっぱり良いね。大切な仲間にも会わせることが出来ましたし、美味しい楽しいで大満足でした。また来ます、しちょさんも樺澤さんも、急な訪問となってしまいましたがありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました