La Sella

最近になってもやはりアシュレイへの偏愛が止まらず・・・、

ブログに載せる写真の足元もどうしてもアシュレイが多くなってしまいます。変わり映えがせず、お恥ずかしい。。。しかし、黒のミュージアムカーフのムラ感とはこういうことかと、少しずつ分かってきました。

ところで、私はなんとか時間を作ってハワイとスキーに出かけてきましたが、彼女もまた、先月イタリア旅行を敢行。

革製品が本当に安いそうで・・・帰国日に駅で出迎えると、イタリアで手に入れた革のリュックサックを背負っていました。

部分ごとに異なる種類の革が使用されているそうで、とても味わい深く良い表情でした。カタい革、柔らかい革、シボのある革・・・。

いいなー。

良い良い!とリュックへの関心を示す一方、内心で「(ところで私のお土産は・・・?)」と、気になって仕方がない。

私もハワイで良いものを買ってきたのだから(と、書いている最中にまだブログで紹介していなかったことに気付く。忘れていました、また更新します。)、何かあるはず・・・。

最初に出てきたのは、イタリアのファッション誌。

書いてあることは英語の部分以外全く分かりませんが、写真を見ているだけで色使いなど、勉強になり・・・、

そしていよいよ本命。。。

世界でイタリアに2店舗しかない、La Sella(ホームページはこちら)のセカンドバッグ。

全く聞いたことがないブランドでしたが、ホームページを見る限り、40年以上続くハンドメイドレザーグッズの老舗のようです。彼女のリュックもここで購入。

何でも、街行くイタリアのおじ様、おじい様達にはセカンドバッグにハットというスタイルの方が多いそうで、それがとっても格好良かったのだそうです。それで私にも・・・ということで、探してくれました。

(早速試してみました。ハットはクリスティーズハットのものです。)

セカンドバッグ、これまで自分で買おうと思ったことが一度もなかったタイプの鞄ですが、小脇に抱えて歩いてみるとこれが渋くてとっても格好良くて、気に入っています。

革の表面はパテント加工のように見えますが、実は研磨で光らせているのだそうです。

以前の記事にもこのバッグを持った写真を載せましたが(下1枚目)、どんなスタイルにも意外とマッチします。表面の刻印は、私の名前になっています。

安い安いとはいっても意外とこのセカンドバッグはそれなりに値が張るようで・・・良いものを頂けて、彼女に感謝しています。

ほんのお礼に、美味しいご飯を食べてからお仕事のお手伝い、、、こんな調子で、毎日幸せです。

スポンサーリンク
革製品(靴以外)
シェアする
oboistをフォローする
Mes favoris et musique

コメント

  1. PMT より:

    Unknown
    オボイストさん、こんばんは。

    つま先、少し削れてきましたね。
    この靴にはヴィンテージスチールは合わないと思うので、つま先レザーか,つま先ラバーがいいと思います。

    おせっかいですみません。

  2. オボイスト より:

    PMTさん^^
    返信が遅くなりましてすみません、こんにちは^^!

    なるほど、つま先レザーですね^^!
    ヴィンテージスチールは何となくあまり好きになれず、敬遠していましたが、つま先レザーなら確かに靴のためにもいいかもしれません、ちょっと考えてみます(^^)
    いつもアドバイスありがとうございます、今度もお気づきの点がありましたら是非教えて頂きたいです^^ よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました