御幸毛織ふるさと納税スーツ完成!

服(シャツ以外)

2019年分のふるさと納税で頼んだものが届き始めました。まず第一段は11月後半、「料亭のスーツ職人」こと大塚さんに付き合ってもらってオーダーしに行った御幸毛織のオーダースーツ。ふるさと納税控除枠内でオーダーした「実質負担2,000円」のスーツの出来はいかに・・・?

佐川急便で
ちゃんとハンガーに吊るされた状態で配送されてきました。

出来上がったスーツがこちら!!! 今回はブラウンの生地で段返りの三つボタン。

ラペル幅は9.5cmにしました。広いラペルに慣れてくるとこのくらいは無いと物足りない。ボタンホールもマシンでしょうが綺麗に仕上がっています。この写真が一番ファブリックの柄も分かりやすいかと思います。

ちゃんとふるさと納税らしくMADE IN SAIKAI CITYのタグが付けられていますが、控えめでデザインも悪くない。

バックスタイルはいつも通りサイドベンツ。

仕事から帰ってきてネクタイを外してしまった後ですが、早速着てみました。うーん、なかなか良いじゃない!? 袖のボタンは本切羽ではありませんが、それっぽく見えるように重ねにしてみました。

正面から。今回はブリティッシュスタイルでオーダーしましたが、やりすぎないコンケープドショルダーが良い感じです。なで肩スーツが嫌いな私にはちょうど良い塩梅。

腰のラインも綺麗に出るようにクセ付されています。このあたりはさすが御幸毛織と言ったところでしょうか。

パンツは少し細身ですが、現代風で格好良いです。ビジネスで日常的に穿くには一番使いやすいシルエットかと。

裾はもちろんダブルに。ちなみにソックスは最近ハマっているロングホーズです。

ストレートのサイドポケット。私の中で全ての基準がFumiya Hiranoのスーツですので、出来るだけディティールを寄せています。

ふるさと納税でここまでのスーツが出来れば、大満足だなあ。今年分はもう一つランクアップした生地を選べるものにしても良いかもしれません。スーツをもらうか、それとも始めてみたいと思っているギターを頼むか・・・時間はまだたっぷりありますから、少し悩んでみます。とりあえずふるさと納税御幸スーツ、明日早速仕事に着ていこうと思います! これを着てバリバリ働くぞ。

一口に御幸と言っても
グレードによって工場も
変わるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました