スージースヴェルト、家に来る。

日常

先日の記事で、異動される上司や同僚へのプレゼントについて書きました。実は大塚さんもスージースヴェルトの鈴木さんも、ご実家が私の住んでいる所と大きく分ければ同じ地区でして、お店に取りに行く時間がない今回のような時でも自分の家の方まで持ってきてもらって無事に受け取ることが出来ました。公式なサービスではありませんが、非常に助かります。

出来るだけ色々な服装にオボイストモデルを合わせてみています。大塚さんから受け取る時には、ユニクロのスリムなストレッチパンツに合わせました。やはりこの靴は、カジュアルスタイルに合わせてこそ真価を発揮する靴だと思います。

鈴木さんにお会いしたのは仕事の後。「大体20時ごろには上がれそうです」と連絡した所、「ご飯でもどうですか」と誘ってくれたので一緒に中華を食べに行くことに。たまたま今日は妻が出掛けていたのでちょうど良かったです。

一度マンションに帰り急いでスーツから着替えて出掛けてきました。シャツとネクタイはそのまま、マーガレットハウエル別注のジョンスメドレーと、シャツは大江洋服店のデニムにインして。靴はオボイストモデル、急いでいるときにさっと履けるので重宝します。

鈴木さんオススメの中華のお店。サーフィン帰りの鈴木さん。とりあえず料理が出てくるのがめちゃくちゃ早かったです。

傍らにはいつも鈴木さんが持っているクラッチバッグが。こういうさっと使える小さいバッグ、あると良いですよね。

「適当に頼んじゃって良いですか?」という鈴木さんに全部お任せで。青菜炒めに手羽先煮、チャーハン、

台湾ラーメンなど。どれも美味かったです。昭和の食堂といった感じで、気軽に行ける良いお店。

で、そんなつもりじゃなかったのですが中華を奢ってもらってしまって・・・それならスタバでコーヒーを奢ります、と言って移動したのですが・・・笑 スタバの駐車場に着いて、私、バタバタして家に財布置いてきたことにここで気付きまして(^^;; これではまるで最初から奢ってもらう気だったみたいですごく嫌だったので、スタバで豆を買って(一旦買ってもらって笑)、私の家に鈴木さんを呼んでコーヒーを飲むことにしました。マンションでちゃんとお金を払いましたが、ご迷惑かけてすみませんでしたm(_ _)m_

夜景をバックに鈴木さん。あんまり大したお菓子がなかったですが、お煎餅とアーモンドチョコでおもてなし。毎週サーフィンに行っているという鈴木さんからサーフィンの魅力についてなど。

Fugeeのバッグに使われていたセジュウィック社のブライドルレザーと似た色の、ホワイトハウスコックスのブライドルの眼鏡ケース。鈴木さん曰く、ホワイトハウスコックスはセジュウィックとは違うみたいですね。どこの革なんだろう。

職人さんが家に来てくれるなんてなかなか無い機会ですが、色々興味深いお話が聞けて良かったです。夏になったら仲の良い職人さんたちを集めて私の家のバルコニーでバーベキューでもしましょう。楽しい週末の夜でした。

スポンサーリンク
日常
シェアする
oboistをフォローする
Mes favoris et musique

コメント

タイトルとURLをコピーしました