SusieSvelt×Oboist ②

革製品(靴以外)

これからコラボバッグを作っていくわけですが、昨年9月に新ブログに移ってから私のブログを知った方は、これまで私がスージースヴェルトに頼んできたアイテムを知らない方もいるでしょうから、改めてまとめてご紹介いたします。

最初に私がスージーに頼んだのは、2015年のクリスマスに妻にプレゼントした長財布です。gohkitiさんも、ワープロラックスのブラックが使われた同型の財布を使われています。私はバーガンディが好きな妻に革を選んでオーダー。ジップもYKKエクセラの高級仕様。使い込まれて良い艶が出てきました。

gohkitiさんのSusieSveltはこちら。
https://いぶし銀杏な生活.jp/?p=15416

そして、ついでと言ってはなんですが同じ革でバレンタインデー用にオーダーしたのがキーケース。妻は、付き合って最初の誕生日にプレゼントした新喜皮革コードバンの二つ折り財布とスージーの長財布を場面に応じて使い分けていますが、キーケースはこれ一本ですし毎日頻繁に触るアイテムなのでさらに革が解れて柔らかに。

いずれもゴールドの箔押しがされていて、ブランド名の下にさり気なく輝くnagoyaの文字。

この財布をオーダーした時のご縁がつながって、初めて私用にオーダーしたのが先日の記事でも触れたビスポークバッグ。トープのヴォーエプソンにグリーンステッチ、真鍮のイタリア製最高級バックルがついた自慢の鞄でした。

もう泣き言は書きませんが、やはり何度写真で見ても良いバッグです。ブリーフケースはこれが世界No.1だと思っています。そしてこのバッグに匹敵するコラボ作品を生み出し、さらに私以外のお客様にも素晴らしさを感じていただくのが今回の使命。

そして、第二回,第三回オボイスト会の参加者の皆さまへ私からお土産に持って行ったのがブートニエール。参加者の方にくじ引き形式で選んでいただき、色とりどりのブートニエールが行き渡るのが定番になっています。左が第二回の際に私が引き当てた最後の一個、右が第三回。私のオフ会に合わせて、ブラッシュアップした仕様にしてくれました。SusieSvelt×Oboistでは、このブートニエールを活かしたバッグチャーム、もしくはクロシェットが出来ないものかと、現在鈴木さんと鋭意打ち合わせ中。

そしてこちら。三日に一回は必ず使うチェリーニ用ビスポークエレファントベルト。元々時計ベルトのビスポークについてもFugeeやルボナーのブログを読んで憧れていたのですが、どちらも現在はオーダー休止中のようです。鈴木さんもかなり苦労されていました。エレファントレザーも特別良い部位を使っていただき、ビスポークならではの一つ穴、一つループ。ロレックスのハウスカラーでもあるグリーンステッチがにくい。5枚仕立てのスペシャル仕様で、ガンガン使ってもびくともしない。手縫いですから、ライニングに使ったエトルスコのヌメ革がダメになったらまた張り替えてもらえます。

本当はあとひとつ、ワープロラックスのブラックで作られた通帳ケースがあるのですが、今回は写真を撮り忘れてしまいました。(自分の銀行通帳はもう2年くらい見ていないです、妻に任せっぱなし) どれもお気に入りばかりです。私は鈴木さんに絶大な信頼を寄せていますが、以前鈴木さんも私のことをInstagram上で「仕えることの喜びを与えてくれるお客様」などと恥ずかしいくらい誇張した言葉で評してくれました。お互いに信頼しているからこそ、今回のコラボも必ず上手くいくと信じています。

忙しすぎるのかあまり更新されないスージーのオンラインストア笑
スージースヴェルトの良さはネットでは伝わりません。
是非一度名古屋のアトリエを訪れてみてください。
https://susiesvelt.stores.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました