男二人のダナントリップ【2日目編】

DAY 2

朝は6時に起床。今日はロンハーマンのデニムに買い足したユニクロUのレディーススーピマTを着ました。
バッグにはマーガレットハウエルのパックライトシェルジャケットを丸めて。このジャケットは、私がマーガレットで購入したアイテムの中でもTOP5に入るほど重宝しているものです。
ホテルの朝食ビュッフェ会場。大きな窓が開放的な店内。
海外旅行でまずもって大切なポイントは飯が美味いことだと改めて感じます。今の所ダナンは何食べても美味しい。
鉄板でオムレツを作ってもらいました。お腹いっぱいになったところで、本日のツアーに出発です。
ホテルのフロントには2台のPCが置いてあり自由に使うことができます。一日目のブログをスマホで書いていたら訂正したい箇所があったのでここでサッと手直し。
やたらと内装がリッチな車で目的地まで移動。流暢な日本語を話すことの出来るガイドさんが、通りゆく街について色々教えてくれます。この日はちょうどマラソン大会が開催されていて、一部の道路で通行規制がかかっていました。
車の内装とニューバランスが良い感じにマッチしている。このニューバランスは、連れとハワイに行った際にレザーソウルのダウンタウン店で購入したもの。なかなかたどり着くことができずにちょっと喧嘩したっけな。
車から見えるビーチはハワイに負けず劣らず美しい。それでも打ち寄せる波は高さがあり、油断して遊ぶと危険かも。
一時間ほど車で移動した後、目的地のバーナーヒルに到着。ガイドにチケットを買ってもらって、ロープウェイを目指します。
日曜日ということで結構な人がいましたが、これでもまだ空いてる方なんだって。異国情緒溢れる雰囲気はいかにも外国に来たって感じ。
ロープウェイに乗り20分ほどかけて上へ上へと登っていきます。
高所恐怖症の読者の方がいたら共感してもらえると思うのですが、ロープウェイからの景色はかなりハイレベルな恐怖感を与えてくれます。終始冷や汗もんでした。
旅にはやっぱりアクアタイマーのようなタフな時計が好ましい。Tシャツ一枚のコーディネートでも男らしく着けられるのが気に入っています。
そしてようやくロープウェイ終点。このスポットは最近結構有名みたい。
巨大な石の手に支えられるようにして黄金の橋が架けられています。インスタ映えするのでしょう、たくさんの人が立ち止まって写真を撮っています。
私も連れに頼んで写真撮影。雲と同じくらいの高さ、圧倒的絶景。
親指。何メートルあるんだろう。
ゴールデンブリッジを見終わってからは再度ロープウェイに乗ってさらに上へ。フランス村というところで、2時間の自由時間です。ここ、色々と突っ込みどころが・・・
(ユニバ・・・?)
(開き直ってるとしか思えない)
一回りしてから早めのお昼ご飯を食べることに。そこら中に屋台があるけど、なんとなく怖くて買えない。
割とちゃんとしたお店に入って、ポテトとラムステーキをオーダー。私はクラフトビールを頼んでみたらジョッキがだいぶデカイ。
フルーティで爽やかな地ビールは美味しいんだけど、私にはちょっと多い。お酒弱いんですよね。
案の定だいぶ酔っ払い、スターバックスで休憩するもイマイチ良くならず。ユニバもどきの地球儀の前でしばらく座って寝ていましたらようやく回復。危なかった、あまり酔っ払った状態でロープウェイ乗ったら絶対気持ち悪くなるから。
ツアー後は一度ホテルに戻って休憩。連れが昼寝したいというので、私は一人でホテルのジムでトレーニングをし、そのままプールに入ってきました。
筋トレはダンベルベンチプレスやスプリットスクワット、ベンチ台上で腹筋などみっちり。プールは素晴らしい絶景で、しかも広い!! 明日も入りに来ようかな〜。筋トレ後のプールって気持ちが良いですよね。
少し休憩した後、ツアー帰りに予約しておいたシャトルバスに乗ってホイアンへ。3日目の夕方からホイアンツアーに行く予定なのですが、私が見たい革製品のお店と連れの見たいTシャツ屋など、自由時間の1時間のみでは見きれない気がして、他に予定も無いし行ってきました。
ホイアンはダナンの中心地とは違い、いわゆる私がイメージしていたベトナムに近い感じ。
そこら中にアートギャラリーがあり、いくつか入って見てみました。絵を買っていきたい気もするのですが、インテリアは嫁と決めないと揉める元ですのでやめておきました。
中には日本っぽい地区も…
これは日本橋と呼ばれる橋。提灯にカタカナでホイアンと書いてあります。
しばらく歩いて、目的地に到着。SONG leatherというお店です。ダナン行き前日、ほぼ友人に任せっきりで全く下調べ出来ていなかった私は、ギリギリになってようやく「どうやらホイアンという地区は革製品が有名みたいだ」ということを知ります。さらにトリップアドバイザーで調べていると「デザインを指定できて、採寸して、2万強でライダースジャケットが翌日仕上がる」なんて書いてある。そんなわけねぇだろ…と半信半疑ながら、ライダースジャケット難民の私は気になって仕方がない。
いくつかお店の情報がある中で、最もセンスが良い気がしたSONGに決めておいたのでした。(お店は決めておいて正解でした。至る所にネットでは出てこない革製品のお店があり、何も決めずに来ていたら迷ってしまうところでした。)
店内にはベルトやバッグが並んでいますが、ライダースジャケットは表に2着しか見当たりません。意を決して「ライダースジャケット、オーダーしてみたいんだけど」と店員の女性に話しかけると、こっち来てとお店の奥のデスクに案内されます。大量の大判写真が入ったファイルを渡されて、「気に入るデザインがあったら教えてね」と優しく言われましたが、私の中ではデザインソースを決めておりましたのでスマホで女性に写真を見せます。
正面、バック、かなり細かく画像をチェックしています。すると、「分かったわ。革は何色が良いの?」と聞かれる。ライダースならブラックしか考えていませんのでそう伝えると、お店の奥から2枚の黒いカウレザーを出してきてくれました。革質は普通、ですがもっと悪いものを思い浮かべていたので、ちょっとびっくりします。大きな革には当然傷や血筋などが入っていますが、完成時にその辺りを避けてくれるのかどうかはよく分かりません。
写真を撮り忘れてしまったのですが、2枚ともカウレザーですが一方は微光沢のあり、他方はマットな表情。どちらも牛革にしては柔らかい気がしますが、シャイニーな方のが若干厚みがある感じがします。「セイムクオリティよ。どっちが好み?」と聞かれ迷った挙句シャイニーな方にしました。
革を決めるとすぐに仕立て屋のおばさんが来ます。お姉さんが私のオーダーを、写真を見せながら伝えている。頼むぜおばさん…! イメージの共有が済んだら、手に持った緑のメジャーで採寸。肩幅、胸囲、腹囲、首回り、二の腕、腕の長さ、総丈。かなり細かい、ちゃんとしてる。測った数値はベトナム語で叫び、それをお姉さんが控えていました。スタンドにした襟は「高さは6cmでいいかしら?」と聞かれ、よく分からないのでOK。
ちなみにオーダーした内容はこんな感じ。(ソースを載せるとパクリ元に怒られるといけないので、気になる方は私のtwitterをフォローしてください)
・ダブルライダース
・スタンドカラー&襟にジップ
・ポケットはハの字、少し高めの位置に
・腰のベルトはフロント2つのシルバーボタン
・袖はジップ
・ジップの色はシルバー
・グレードアップでハイクオリティなライニングとジップ(YKK製)を採用
お姉さんのスマホに参考画像をairdropで送り、お金を払ってオーダー完了です。デザインを一から指定したの?
??、翌日の18時には完成だって。そこでチェックをして、サイズに問題があればさらに翌日の13時には完成だって。早過ぎるよ…おばさん寝てないのかな。私のライダースだけ作ったらゆっくり休んでね。ちなみにグレードアップしても250ドルくらいでした。良いのかな…?笑
それで帰るつもりが、お姉さんに「他にも何か買って欲しいわ。ベルトどう? バッファローレザーよ。」と言い寄られます。ノーセンキュー、オンリージャケット、って何度も言ってもめちゃくちゃ勧めてきます。んで、実は私日本にベルト置いて来ちゃって、ちょっと欲しかったのもあり、結局買ってしまった。あんまりスパッと断り過ぎてライダースで手抜きされるのも嫌だし…しかもベルト、その場でサイズを合わせてくれて約2,000円。ほんとはもうちょっと高かったんですけどね、帰ろうとしたら「いくらなら欲しい?」ってすがり付かれたので2千円って言ってみたらOKだって。
そうしてここ、私の腰回りに納まっておるわけです。
でもまあ、これはこれで。実際痩せてしまって、手持ちのキャメルカラーのベルトもサイズ合わなかったし。
ベルト穴は5つあげようとしていたので、3つで良いよってお姉さんに伝えて。穴が少ない方がオーダーっぽいですよね。
その後、一人ホイアン旅行してた友人と合流し、夜になった街を歩き回りました。
人がかなり多いので、スリなどに合わないようにバッグをお腹の前で抱えて。川では灯籠流しやボートなどが行き来し綺麗なのですが、時折変な臭いがします。ぼったくり商売をふっかけてくる人もたくさんいて、なんだかちょっと怖いのでスムージーだけ飲んで早めに帰りのシャトルバス集合場所に戻りました。
21半頃ホテルに着き、もう外に出たくなかったのでルームサービスでシーフードフライドライスを注文し、シャワーを浴びてから食べてすぐ寝ました。疲れ切っていて写真も撮っていません笑
というわけで、何とか2日目も終了。3日目は食べ放題のランチに行き、ホテルでスパを体験して、夜またホイアンのツアーに参加する予定です。ライダース大丈夫かな…期待と不安でいっぱいだ! 次回もお楽しみに!

コメント

  1. gohkiti より:

    Unknown
    オボイストさん、こんばんは!
    ダナン旅行を謳歌されているようで羨ましい限りです(^^)
    グルメにアクティビティーに、何とも楽しそうですが、読者の1人としての関心は何よりもライダースジャケットの出来栄えですね!続報を楽しみに待ちたいと思います♪
    くれぐれも体調管理だけはご注意くださいね。
    日本には台風が接近してきており、オボイストさんの帰国の時期にかぶらないか心配です・・・。

  2. mes-favoris-et-musique より:

    Unknown
    gohkitiさん、コメントありがとうございます♩
    ハワイに続きダナンと、今年の夏はちと贅沢し過ぎな気もしますが、友人と海外旅行なんてもしかしたらこれが最後かもしれませんから目一杯楽しみます!!

    ライダース、とんでもないもんが出来ちゃいました。今詳細をまとめておりますので、楽しみにしていてくださいね!!!

    14日の早朝に名古屋に到着しますので、大丈夫だと思うのですが…私も心配しています。なんとか帰れますように!

タイトルとURLをコピーしました